ラク・ラフ・ライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS 芸術鑑賞で元気になれる

<<   作成日時 : 2009/04/16 23:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

4月10日より兵庫県立美術館にて
「ピカソとクレーの生きた時代展」がはじまりました。
画像


ドイツにあるノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館所蔵の全64作品の
大規模な展覧会ですのでこれは観ておかなければと友人を誘って
初日に出かけました。

作品は20世紀前半のモダン・アートでした。
色の種類も多く、表現が自由でとても楽しみながら観られる作品が多かったです。

難しい話はできないのですが、
以前美術館の学芸員さんの話を聴いて学んだことがあります。

「美術を考えることは自分と向き合うことでもある」と。

この絵は何を訴えているのかとか画家は何を残そうとしたのかなど
無理やりでも自分の考えを決めつけてみることで
自分の「表現」をつくるのだと。

このお話を聴いてから芸術鑑賞が楽しくなりました。
充足感があり元気になれるのです。

「描く技術」はさっぱりですが「観る技術」は伸ばせるでしょうか。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
いいお話をありがとうございます!
なるほど〜。そうやって美術や芸術と対面するのですね。私も今後の鑑賞の参考にします!!
ツトム夫人
2009/04/17 14:42
わあ☆ようこそツトム夫人!!
うれしいです。

ぐうたら気ままなブログではございますが
どうぞよろしくお願いします(笑)。

学芸員さんの話はほんと良かったです。

みのりん
2009/04/17 16:19
私も美術館行くのは大好きです。
何度も何度も見ているうちに見方が変わってくることってありませんか?
私は毎月ルーブルに行くんですが、だんだん好きなものが変化していったり、以前好きじゃなかったものが好きになったり、足を運ぶごとに何かしら発見がありますね。
以前はロココ期の絵って嫌いだったんですが、最近フラゴナールやヴァトーなんて凄くいいなぁと思います。
もちろんインスピレーションも大事だけど、知識と経験が審美眼を広げてくれるんでしょうね。

クレーは大きな展覧会(クレー/カンディンスキー/ミロ展)を見たときに凄く好きになって…
色の構成が独特でいいですね。
私もこの展覧会、見たいです。
melody nelson
2009/04/19 03:17
melody nelsonさん

以前好きじゃなかったものが好きになる…
それはありますね!
でも私はまだまだ「パッと見」の印象だけで
その絵が好きか嫌いか判断してますね。
じっくり絵と対話できるようになったら
もっと鑑賞が楽しくなるでしょうね。

みのりん
2009/04/19 11:48
絵に興味を抱きはじめたのは本当に最近でして…
それでも美術館めぐりなどはしたことがありません。

ロドニー氏の個展と知り合いの画家さんの個展は行きましたが、
まだまだこれから覗いてみたい世界です。

美術を考えることは自分と向き合うこと、か〜
勉強になりました!

tomocof
2009/04/20 23:18
tomocofちゃん
tomocofちゃんのブログでロドニー氏を知りましたが
ポップでキュートな絵で私も好きになりました。
みのりん
2009/04/21 17:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
芸術鑑賞で元気になれる ラク・ラフ・ライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる